03-6416-1579

平日 10:00-18:00

HOME

料金

料金

脆弱性情報収集の自動化や継続的な管理・運用などのご利用目的、
既存システムとの連携などあなたの会社のニーズに合ったタイプを選べます。

目的に合わせて選べる3タイプ

脆弱性情報収集の
自動化を行いたい方

SIDfm ig

システムの脆弱性対策のために、環境に合わせた脆弱性情報の収集効率をあげたい方。

72万円/年

5ログインID
5フィルタ
(10アイテム/フィルタ)
10グループフィルタ
(10アイテム/フィルタ)
リスク分析・CSV出力
アラートメール
ヘルプデスク

脆弱性情報収集から
管理まで行いたい方

SIDfm VM

ホストの実態把握から脆弱性状態管理まで行いたい方、または自社のセキュリティポリシーに合わせたトリアージや通知をしたいなど、独自ルールで運用を自動化したい方

48万円/年

ログインID
(数制限なし)
カスタムカテゴリ
(数制限なし)
10ホスト/20ホスト
(導入タイプによってホスト数変動)
リスク分析・CSV出力
アラートメール
ヘルプデスク

脆弱性情報を
システム連携したい方

SIDfm API

既存のシステムやプラットフォームに脆弱性情報コンテンツを取り込み、自社独自のシステムを構築したい方

価格はお問い合わせください

リクエスト数
(月間無制限)

初回ご契約時には初期費用(100,000円税別)が別途必要となります。

ご利用にあたっては、「ライセンスご利用にあたっての規定事項」「SIDfmサービスご利用上の留意事項」「SIDfm脆弱性情報に関するSLA」をご確認ください。

価格表記はいずれも税別です。

SIDfm IGオプション一覧

詳細・料金についてはお問い合わせください。

ログインID
追加オプション

標準ログインID数以上のログインIDが必要な場合、別途追加できます。
1ID単位で追加でき、最大100IDまで追加できます。

グループフィルタ
追加オプション

標準数以上のグループフィルタが必要な場合、別途追加できます。
10フィルタ単位で追加でき、最大50フィルタまで追加できます。

情報共有オプション

脆弱性情報の共有を効率化させるためのオプションです。
メーリングリストの登録やチャットツールへの投稿ができます。共有方法や共有可能な対象者には制限がございます。詳しくはこちら

オプション料金は各ライセンスのサブスクリプション料金に加算いたします。

現在のライセンスの契約期間中でもオプションの追加を承っております。

オプションのお申込みには、別途、オプションお申し込み手数料 10,000円(税別)/回が発生いたします。
ただし、ライセンスの新規ご注文または更新と合わせてお申し込みいただく場合には、手数料は発生しません。

ホスト数の追加は可能です。追加する数によってボリュームディスカウントになる場合があります。まずはお問い合わせください。

ご利用期間中のオプションのみの解除・削減は承っておりません。

よくあるご質問

  • グループフィルタとは?

    1つのライセンスグループのユーザ間で共有できるフィルタです。管理権限を持つユーザはいつでもグループフィルタの共有設定を自由に行うことができます。
    グループフィルタは、10フィルタ(各10アイテム登録可能)あり、最大で100アイテム登録することができます。

  • ホストとは?

    ホストとは、ユーザが登録するサーバ機器や端末等の総称で、お客様がシステムの維持・管理を行っている対象の機器を意味します。
    このホストに紐付いた脆弱性情報(セキュリティホール情報)や運用に役立つ機能を提供します。ユーザがホストを登録する際、ホストに付ける名前は任意です。実際のサーバのホスト名でも通称でも構いません。担当者が区別・管理しやすい形で自由にご利用可能です。

  • カスタムカテゴリとは?

    カスタムカテゴリとは、複数のホストを自由な単位で管理できるカテゴリで、いわゆる「グループ」あるいは「タグ」という概念と同じです。SIDfm VMで利用可能です。
    また、ユーザと関連づけることでアクセス制限(ゾーニング)も設定できます。

SIDfmの導入に関してご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

ライセンスご利用にあたっての
規定事項

ログインIDの共有について

ログインIDに登録可能なメールアドレスは、個人メールアドレスのみとなります。そのため、ログインIDの共用(メーリングリスト等の登録)はできません。ただし、「情報共有オプション」の追加で、ログインIDにメーリングリストの登録が可能となります。※1つのIDで同時ログインはできません。

ログインIDのアクセス制御について

お客様の内部業務向けに使用する場合、もしくはエンドユーザ様向けに使用する場合のどちらの場合においても、お客様によって正しくログインIDによるアクセス制御および、その維持管理を実施していただきます。

コンテンツの利用範囲について

ご契約者様が所有、もしくは保守・運用の委託を受けている機器・ソフトウェアに対してのみ、SIDfmのコンテンツをご利用いただけます。

コンテンツの開示について

コンテンツはログインIDを持つご利用者様以外に開示することはできません(「情報共有オプション」追加時を除く)。ただし、弊社が公開している情報(ログインなしで公に見られる情報。SIDfmのURLやタイトルなど)はご利用者様以外に開示できます。

コンテンツの著作権について

公開情報を含め、著作権は全て弊社 株式会社サイバーセキュリティクラウドにありますのでご利用者様は、複製・改変・翻案・送信可能化などを行うことはできません。

入力・出力データの取り扱いについて

登録データの内容はお客様の責任のもとでシステムへご登録ください。また、帳票出力を含む外部出力データは、関係者以外へ漏洩しないように正しい維持管理をお願いいたします。

情報共有オプションについて

ご契約社様のID保持者が脆弱性情報の共有を効率化させるためのオプションです。
共有方法や共有可能な対象者には制限がございます。詳しくは、下記をご参照ください。

基本ライセンス

  • 登録可能なアドレスは個人アドレスのみです(ドメイン制限なし)。
  • 1つのIDで同時ログインは不可です。

情報共有オプション

  • IDにメーリングリストの登録が可能です。ただし、メーリングリストは契約社が管理しているドメインに限ります。(メーリングリストに紐づくドメインの制限はなし)
  • チャットツールへの投稿が可能です。投稿可能ツールは、Slack、Teams、chatworkです。そのほかのチャットツールへの投稿はお問い合わせください。
  • メールマガジンなどの単なる情報配信を目的とした利用は不可です(有償無償問わず)。
  • IDを持たず、メーリングリストやチャットツールで情報を確認できる人数の上限は1,000名までです。超過する場合や把握が困難な場合はお問い合わせください。

SIDfmサービスご利用上の
留意事項

  • SIDfmサービスは、サブスクリプション契約に基づき、年間を通して最新の脆弱性情報(データ)ならびに、 SIDfmのユーティリティを使う権利を提供するものです。パッケージ製品および役務を伴うサービスではありません。
  • SIDfmの脆弱性情報は無保証で現状のままベストエフォートでの提供となります。
  • SIDfmの脆弱性情報等を利用して類似するサービスを行うことはできません。
  • SIDfmの脆弱性情報等を不特定多数の第三者へ公開することはできません。
  • SIDfmの脆弱性情報等を複製・改変・送信可能化したりすることは法律で禁止されています。

SIDfm脆弱性情報に関するSLA

  • 脆弱性情報の登録時間は、弊社営業日時間内の対応になります。
  • 脆弱性情報の新規登録までの時間は、弊社が情報を得てから原則2営業日以内にSIDfmデータベースに登録いたします。また、SIDfmがサポート対応するソフトウェアであっても、それら脆弱性情報の全てを漏れなく提供することを保証するものではありません。脆弱性情報の内容についても無保証で「現状のまま」での提供となります。 サポートソフトウェアは、取り扱いを終了することがあります。その場合にはサービスページのお知らせにて告知いたします。