03-6416-1579

平日 10:00-18:00

HOME

製品ラインアップ

SIDfm IG

SIDfm IG

最新の必要なセキュリティホール情報だけを
日本語でわかりやすくお届け。

無料で試してみる
特徴 ご利用料金 サポート体制 よくあるご質問

SIDfm IG 4つの特徴

  • 1脆弱性情報収集を自動化
    最新の情報をまとめて確認できます

    SIDfmがOS・アプリケーション・ネットワーク製品の脆弱性情報を世界中から収集・蓄積します。パッチ情報や回避方法などの対策情報も含めて管理画面で確認できるので、情報収集の工数を大幅削減できます。
    情報収集対象は900種類以上、蓄積されたセキュリティホール情報の件数は46,000以上で、圧倒的な情報量です。

    1 脆弱性情報収集を自動化最新の情報をまとめて確認できます
  • 2必要な脆弱性情報をお知らせ
    もう迷うことはありません

    自社が使用しているOS・アプリケーション・ネットワーク製品を登録することで、膨大な情報の中から必要な情報だけを検索・フィルタリングすることが可能です。
    必要な最新情報だけを知ることができ、メール通知にも対応しています。

    2 必要な脆弱性情報をお知らせもう迷うことはありません
  • 3日本語でわかりやすく解説
    リスク分析・パッチ検索は不要です

    個々のセキュリティホール情報の詳細な解説、関連情報が網羅的にまとまっています。詳細なリスク分析、パッチ情報の内容・場所や提供可能な対処方法まで日本語でわかりやすく解説。
    従来かかっているベンダーサイトから情報を探し出したり、パッチを検索したりなどの作業時間を大幅に削減できます。

    3 日本語でわかりやすく解説リスク分析・パッチ検索は不要です
  • 4定量的な数値で脆弱度を判断
    属人化から一元化へ

    共通脆弱性評価システムCVSSを採用し、個々のセキュリティホールの脆弱度を定量的に数値で評価。組織内で共通の基準で判断可能です。
    影響を受けるシステム(プロダクト)が実際に攻撃されたときの脅威(深刻度)も細かく分類され、所有資産の「リスク分析」も一瞬で可能です。

    4 定量的な数値で脆弱度を判断属人化から一元化へ

さらに便利な機能

  • さまざまな条件で検索可能

    さまざまな条件で検索可能

    CVSSスコア、攻撃コード、SIDfm評価、関連ニュースの有無、登録日・更新日、対象期間など幅広い条件で必要な情報を素早く検索できます。

  • グループフィルタ機能

    グループフィルタ機能

    1つのライセンスグループのユーザ間でフィルタを共有できます。グループフィルタの共有ユーザも自由に設定できます。

  • セキュリティニュース・EOL情報も

    セキュリティニュース・
    EOL情報も

    脆弱性情報だけでなく、国内外のセキュリティに関するニュースや注意情報、ベンダーによるOS・アプリケーションのサポート終了日の情報など多岐にわたる情報をご提供します。

  • エクスポート機能

    エクスポート機能

    コンテンツ毎の最大危険度・各 CVE の危険度を把握しやすいようセキュリティホール情報を CSV 形式でエクスポートすることができます。

  • エクスポート機能

    アラートメール機能

    登録したアイテムに最新セキュリティホール情報の登録/更新があった場合に、メールを送信します。
    送信タイミングは、即時、毎時間、毎日、毎週から複数設定可能です。

  • ユーザ管理機能

    ユーザ管理機能

    ユーザの新規作成や変更・削除、パスワードの変更、管理権限の設定変更が可能です。

ご利用料金

年額 72万円

初回ご契約時には初期費用(100,000円税別)が別途必要となります。

価格表記はいずれも税別です。

オプション

ログインID追加オプション

標準数以上のログインIDが必要な場合、追加可能です。
1ID単位で追加でき、最大100IDまで追加できます。詳細・料金については別途お問い合わせください

グループフィルタ追加オプション

標準数以上のグループフィルタが必要な場合、追加可能です。
10フィルタ単位で追加でき、最大50フィルタまで追加できます。詳細・料金については別途お問い合わせください

情報共有オプション

組織内の複数名でIDを共有いただけるオプションもご用意しています。
チャットツール等でのコンテンツの共有も可能になります。詳細・料金については別途お問い合わせください

基本ライセンス
  • 登録可能なアドレスは個人アドレスのみです(ドメイン制限なし)。
  • 1つのIDで同時ログインは不可です。
情報共有オプション
  • IDにメーリングリストの登録が可能です。ただし、メーリングリストは契約社が管理しているドメインに限ります。(メーリングリストに紐づくドメインの制限はなし)
  • チャットツールへの投稿が可能です。投稿可能ツールは、Slack、Teams、chatworkです。そのほかのチャットツールへの投稿はお問い合わせください。
  • メールマガジンなどの単なる情報配信を目的とした利用は不可です(有償無償問わず)。
  • IDを持たず、メーリングリストやチャットツールで情報を確認できる人数の上限は1,000名までです。超過する場合や把握が困難な場合はお問い合わせください。

SIDfmの導入に関してご不明な点がございましたら
お気軽にお問い合わせください

安心のユーザーサポート体制

脆弱性情報の内容が専門的すぎて理解できない、自社の環境に照らし合わせて不明な点があるので参考情報を聞きたい、などの疑問がある場合はお問い合わせください。
電話やメールのお問い合わせだけでなく、充実のユーザーガイドやサポートセンターもありますので、お好きな方法でお客様の疑問・お困りごとを解決できます。

安心のユーザーサポート体制

電話サポート

メールサポート

ユーザーガイド

サポートセンター

よくあるご質問

  • セキュリティホール情報の情報ソースは何ですか?

    OS・アプリケーションベンダーからのセキュリティ情報を最重要視しています。セキュリティアドバイザリを発行しないアプリケーションの場合は、CVE情報を情報源としています。さらに、セキュリティホール情報の確度を向上させるため、以下の関連情報も情報源として確認しています。
    ・JVN : https://jvn.jp/index.html
    ・JPCERT/CC : https://www.jpcert.or.jp
    ・US-CERT : https://www.us-cert.gov/

  • フィルタとはどんな機能ですか?

    フィルタは、セキュリティホール情報を選別するための機能です。
    必要なOS/アプリケーション等のプロダクトを一つの表示単位としてまとめることができます。
    フィルタには、CVSS値による閾値やメール送信のタイミングを設定することができます。
    フィルタの利用で必要なセキュリティホール情報だけを見ることができます。

  • 異なるドメインを持つグループ会社内で利用できますか?

    はい、利用可能です。